悲しみや苦しみは、本当の願いに気付かせてくれる大切な感情です。

不満の後ろにあるのは、「これではないものが欲しい」という強い思い。

わたしたちは、悲しみや苦しみの中に留まることもできるし、不満を言い続けることもできます。

だけど、それらは、本当の願いに気付かせるためのもの。

心はいつだって、本当の願いに気がついてほしいし、それを叶えたいのです。

「こうあるのが正しい」と頭で考えた願いは、本当の願いではないので「世の中のために」とか「親のために」とか、何かしら言い訳がついてきます。

心からの願いには、言い訳も説明もいりません。ただ、それが喜びだからです。

心からの願いに気がついたとき、心は喜びに震えます。

わたしたちは夢を叶える力を授かってこの世に生まれてきています。

心からの願いは、叶うためにあるのです。

あなたが叶えたい、心からの願いは何ですか?

 

Listen

When You Wish Upon a Star